円形脱毛症の原因・対処法をご紹介!

円形脱毛症とウィッグ使用

円形脱毛症とウィッグ使用

円形脱毛症とは、頭髪が10円玉くらいの円形に抜けてくる病気で、自律神経失調やストレス、内分泌の異常、遺伝など様々な原因から起こるといわれています。

 

円形脱毛症の原因がはっきりしていれば早期に治癒することもありますが、原因がはっきりしない場合長引くこともあります。

 

その場合円形脱毛症であること自体がストレスになってしまわないよう、男性用ウィッグを使用するのも一つの手段だと考えられます。今ウィッグの種類も色々あり、フルウィッグだけでなく、ポイントウィッグもあるので、必要に応じて取り入れてみるといいでしょう。

 

医療用ウィッグとは?

 

医療用ウィッグは、抗がん剤などの副作用、または別の病気によって脱毛など髪のトラブルが起こった場合にもちいるものです。多くの場合は、女性が医療用のウィッグを使用します。普通のおしゃれ用のウィッグとの違いは、医療用かつらは頭皮に優しくできていることです。

 

そのため、長期間つけていても大丈夫なようにできています。もともと肌のトラブルが起きた人のためのウィッグです。皮膚のバリア機能が低下している可能性が高いです。頭皮が非常が敏感になっている状態に使用することが多いのです。

 

そこで快適さも兼ね備えたウィッグが必要なのです。いくら病気が原因とはいえ、女性には脱毛は深刻な問題です。精神的にもダメージを受けてしまいます。そのために医療用かつらを検討する女性患者さんが多いのです。さまざまなメーカーから医療用ウィッグが発売されていますので、比較して購入できます。

 

精神的な役割

 

医療用のウィッグを使用する多くの人は抗がん剤治療を受けている人です。治療が進むにつれて、髪が抜け始めていくと、やはり動揺してしまうものです。家族でさえ衝撃を受けるものですから、本人のショックはもっとおおきいことでしょう。

 

医療用ウィッグはそのような患者さんや家族の心の負担を減らすためにも有効的に働いてくれます。患者さんがウィッグを試着をすると、表情が一気に華やぐという声を多く耳にします。費用のことなどを気にして自分では進んでウィッグを作ろうとしないかも知れませんが、やはり女性ですから心の中では髪のことをすごく気にするものです。

 

医療用ウィッグは、通気性やフィット感などが非常に良くできています。ウィッグをかぶるだけで笑顔が増えるということも少なくありません。もしも抗がん剤治療を始めることがわかっているのであれば、あらかじめウィッグの用意をしたいものです。